最新刊情報

  • キリストにある真実を求めて:表紙

    キリストにある真実を求めて

    福音の真理は「出会い」の中にある。著者の多岐にわたる関心を貫く一本の線=「出会い」を中心に編まれた論集。【目次より】第一章 真実への目覚め――私の恋愛論・教育論第二章 聖書との出会い――苦悩の道を辿る...

    書籍の情報

    【四六判/340頁/2,000円】
    (ISBN:978-4-400-42777-3 C1016)

  • カール・バルトの教会論:表紙

    カール・バルトの教会論

    バルト神学の初期から後期に至る教会論の展開と深化を追跡し、内在する論理と歴史状況とを綿密に検討。「バルトでは教会形成できない」という俗説に抗して、「主キリストのもとにある兄弟姉妹の共同体」としての教会...

    書籍の情報

    【A5判/416頁/5,500円】
    (ISBN:978-4-400-31076-1 C1016)

  • パパやママががんになったら:表紙

    パパやママががんになったら

    いのちをみつめる病と闘う子どもの心のケアを専門とする著者が、親が難病にかかったときの子どもとの接し方、また家族のあり方を、現場での様々な出会いを通じて温かな視線から考える。著者 藤井あけみチャイルド・...

    書籍の情報

    【B6変型/140頁/1,500円】
    (ISBN:978-4-400-52710-7 C1016)

  • 市民K、教会を出る:表紙

    市民K、教会を出る

    韓国教会の自己省察の書冷戦・開発独裁下の高度成長期と、その後の高度消費社会において、韓国プロテスタント教会が果たした役割、その信仰の内実とは何だったのか?いまなぜ、主流派教会は退潮なのか?民衆神学第三...

    書籍の情報

    【A5判/240頁/2,400円】
    (ISBN:978-4-400-40735-5 C1016)

  • 高倉徳太郎日記:表紙

    高倉徳太郎日記

    初めて公にされる約三千日分を含む「完本」すでに公表されている日記を原本から一部補正するとともに、息子・高倉徹牧師が大部の未公表部分を筆写した日記を加えて完成。牧会に、教会形成に、苦闘する日々の心中を率...

    書籍の情報

    【四六判/910頁/5,000円】
    (ISBN:978-4-400-21321-5 C1016)

福音と世界

『福音と世界』2015年3月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

ご注文