最新刊情報

  • キリスト教とローマ帝国:表紙

    キリスト教とローマ帝国

    短期間になぜキリスト教は伝播したのか?社会学的分析手法を用いて浮かび上がってきたその理由とは?帝国の辺境で生じた新興宗教が、短期間に多くの信徒を獲得し、ローマ帝国を席巻できたのはいったいなぜか。古代史...

    書籍の情報

    【四六判/306頁/3,200円】
    (ISBN:978-4-400-22723-6 C1022)

  • 福音的キリスト教【ハンディ版】:表紙

    福音的キリスト教【ハンディ版】

    近代日本のキリスト教が生んだ神学的古典の一つが読みやすいかたちとなって再登場。「すでに五〇年以上も前に出版されたものでありながら、この本は、いまもなお、みずみずしい生命をもち、著者をとらえた福音の迫力...

    書籍の情報

    【B6変型判/248頁/1,800円】
    (ISBN:978-4-400-31026-6 C1016)

  • フランクル人生論入門:表紙

    フランクル人生論入門

    強制収容所の極限状況を生き延び、人間への深い洞察を獲得したフランクルの生涯と言葉から、生き方を学ぶ。教育哲学の視点から長年フランクルを研究してきた著者が、その思想から気づきと勇気を与えられてきた自らの...

    書籍の情報

    【B6変型/266頁/2,000円】
    (ISBN:978-4-400-31073-0 C1016)

  • 人生の意味と神:表紙

    人生の意味と神

    ナチの絶滅収容所を生き延び、ロゴセラピー(実存分析)を提唱した精神科医と、ユダヤ教の立場に立つ神学者の対話。フランクルは特定の宗教に立つことを明言しないが、人間の根源的宗教性を深く尊重した思想家であり...

    書籍の情報

    【四六判/192頁/2,400円】
    (ISBN:978-4-400-31072-3 C1016)

  • 愛と正義:表紙

    愛と正義

    リクールが『他者のような自己自身』(1990年)と『記憶・歴史・忘却』(2000年)の二つの哲学的著作の間に発表した聖書論7編。著者傘寿をはさんでの力作ぞろいである。テキスト、解釈行為、倫理にまたがる...

    書籍の情報

    【四六判/290頁/3,300円】
    (ISBN:978-4-400-31999-3 C1016)

福音と世界

『福音と世界』2014年10月号:表紙

毎月10日発行(小社入庫)。教会と社会の課題を扱う神学的オピニオン誌。1952年4月創刊。

書籍のご注文と「福音と世界」の定期購読は下記よりお申込みいただけます。

ご注文